水曜日 5月 14, 2014 10:39

行政書士になるには、どんな勉強法がおすすめ?

Posted by wpadmin

行政書士を目指すための勉強法には、いくつか方法があります。

最もコストが抑えられるのは、独学による方法です。
資格取得のためのテキストや過去問集を購入して、自分の力で理解していくものです。
気を付けたいのは、コストを抑えたいからといって、古本を手に入れないようにすることです。
法改正などが頻繁に行われるため、古いテキストや問題集は今の試験にマッチしていない可能性があります。
そのため、必ず最新の物を手に入れましょう。
また、もう1つの問題として、独学は試験に重要な部分とそうでない部分のメリハリがつかず、非効率な学習になりがちです。
特に法学部出身者ではなく、目にする用語がすべて初めて尽くしだと理解するまでに時間がかかり、合格までの道のりも長くなりやすいです。

こうした独学のデメリットを補ってくれるのが、通信講座の利用です。
かつての通信講座は、テキストが送られてきて、問題を解いて添削を受けるといったスタイルが主流でした。
しかし、現在ではDVDやeラーニングを通じて、講師の解説を臨場感を持って聞くことができ、さらにメールやチャットを使ってすぐに質疑応答もできます。
そのため、メリハリがつきやすく、効率のいい学習が期待できるのです。

そして、費用的な余裕と時間が取れる方で、近くにスクールがあるという方は、通学制で学ぶ方法もあります。
通学制のメリットは目の前で講師の授業を聞くことができ、直ぐに疑問も解決できることです。
また、ひとりでは怠けてしまうという方にも効率が良い勉強方法になります。

Comments are closed.