水曜日 5月 14, 2014 10:37

行政に提出する書類を代行できる資格とは

Posted by wpadmin

行政書士とは、行政機関への提出書類を作成することが出来る資格です。
仕事の多くは建設業や不動産などで、書類を作成するのが複雑であったり、代行をしてもった方がスムーズなため、行政書士に依頼することが多いようです。

他にも個人では、依頼者の代わりに提出を代行したり一部の税務書類を作成することも出来ます。
この資格についてですが、国家資格になり、年に一度、11月に行われる試験に合格すると資格が与えられます。
受験者は10年前に約10万人近くでピークを迎えましたが、それ以降は徐々に減少しています。

試験の難易度は、三大難関資格と呼ばれている弁護士や会計士などに次ぐむずかしさです。
すぐ下に位置づけされている税理士よりは難易度が下がりますが、それでも合格率は一桁と難しい試験のため、しっかりとした勉強をしなければ合格することが難しいようです。

また、行政書士は税理士の資格を取得すると合わせて登録することも出来ます。
そのため、独立後により幅広い仕事を取り扱おうと両方の資格に登録する人も少なくありません。
ですが、行政書士の仕事も安定して仕事がありますのでまだまだその資格のみで頑張っている人もたくさんおられます。
どちらにしましても、他の税理士などのような士業と同様に顧客をいったん獲得出来れば安定して仕事が続けられるようです。

資格を生かすためには、取得した後の営業力と努力が大切です。
専門性が求められる傾向がありますので取得しておくと有利です。

Comments are closed.